2013 年 1 月 のアーカイブ

本日も天晴れ!

2013 年 1 月 31 日 木曜日

つい先日、お屠蘇を祝ったと思ったら、もう31日。1月のラストは、朝から“ド・ピーカン”です。外を歩けば、ギュッギュッとよ~くしまった雪の音。「滑りに行きたいよぉ~」と言いながら、スタッフS が撮ってきました。

      \(^o^)/                   1月31日撮影

      (^o^)/         1月31日撮影

                 (^o^)

(^-^)/

                          *^ 。^*

             (^_^)v

(^_^)v

今夜は雪見酒!

2013 年 1 月 25 日 金曜日
雪の降る夜は、白身の刺身でまず一杯。そして、なべをつつきながら杯を重ねて・・・日本の冬はやっぱりいい!・・・奥志賀の銀世界を窓外に望む当ホテルの和食堂 “篝火” では、利き酒師が日本各地の銘酒を取り寄せました。どれも大好評です。ただし、入手困難なものもあり、売り切れの際はご容赦を。
―利き酒師厳選―
・十四代 純米大吟醸 七重二重貫(山形)  
                       すべてにおいてバランスのとれた
                     日本酒最高峰の純米大吟醸。
 
 ・白隠正宗 生もと純米(静岡) うま味ののった生もとの味わいが
                     素晴らしい一本。温、又は燗がおすすめ。
 ・小左衛門 初のしぼり(岐阜)  辛口ながら米のうまみたっぷりの
                       ゆたかな余韻。
 ・而今 純米吟醸 千本錦(三重) 柔らかな味わいに米のうまみ、
                       まろやかさが秀逸。
                       超入手困難な一本。
 ・緑川 純米吟醸(新潟)      すっきり辛口の新潟の銘酒。

凍てつく夜にはワインを

2013 年 1 月 23 日 水曜日
今日はちょっと趣向を変えて・・・当ホテルでは、地元・ワインとして“小布施ワイナリー”のワインをお出ししておりますが、まだまだ素晴らしい仕事しているワイナリーがあり、今シーズンはそうしたワイナリーのワインもリストに加えました。どのワインもそれぞれ魅力あふれるものばかり。今や、長野県は日本一のワイン生産地です! どうぞ、当ホテルのイタリアン、または和食レストランでご賞味ください。
(写真左より)
・たかやしろファーム(信州中野) 
  シャルドネ 2007  フルーティーな飲み口で後味すっきり。和食に
                もあうワイン。
  メルロ―  2009  ジャパンコンペティション銅賞受賞。柔らかな飲
               み心地。
・楠わいなりー(須坂)   
  日滝原  2011  珍しいセミヨン種とソーヴィニオンブランの混醸。
・リュー・ド・ヴァン(東御市)    
  メルロ―  2009  しっかりとした骨格を持つワイン。
  シャルドネ 2011  ふくよかな味わいのワイン。上記メルロ―ととも
               に生産本数が極少数の希少なワイン。

冬の青空

2013 年 1 月 22 日 火曜日

大寒の翌日の今日。午前9時の気温は-5℃。くっきりはっきりした空はどこまでも青く・・・パーフェクトなスキー日和です。

文句なしのブルー・スカイ        1月21日撮影

文句なしのブルー・スカイ        1月21日撮影

ホテルより望む 奥志賀 第2ゲレンデ

ホテルより望む 奥志賀 第2ゲレンデ

夜ごとの雪

2013 年 1 月 18 日 金曜日

今朝起きたら、また積ってました。 気温は-10℃。凍てついてます。新たな積雪は40cmほど。ホテルの屋根のツララもだいぶ成長して、この時期らしい風情になってきました。 

凍てつく朝              1月18日撮影

凍てつく朝              1月18日撮影

                       1月18日撮影

                       

 

極上パウダースノーのゲレンデはこの向こう

極上パウダースノーのゲレンデはこの向こう

また降った また積った

2013 年 1 月 17 日 木曜日

一夜明けたら、また積っていました。“極上パウダー” が20cmほど。当ホテル・男子スタッフがさっそく除雪。ほわほわと軽い雪なので、いつもより作業もはかどります。スタッフHが思わず言いました、「今日滑ったら、絶対気持ちいいぞぉ!」。 

極上パウダー・スノーとともに、皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

ちょっとやってみました、“極上パウダー” !      1月17日撮影

ちょっとやってみました、“極上パウダー” !      1月17日撮影

                  1月17日撮影

                  

 

冬晴れの日

2013 年 1 月 16 日 水曜日

「雪の明日は裸洗濯」ということばが、信州にはあるとか。たしかに、雪がひとしきり降ったあとは、晴れることが多いようです。今日もそんな一日でした。

                   1月16日撮影

                   1月16日撮影

 

岩菅山の夕映え

岩菅山の夕映え

降った 積った また降った

2013 年 1 月 15 日 火曜日

よく降りましたね、昨日。大雪には慣れている(はずの)私どもにとっても、昨日の降りはなかなかのものでした。 これで、また天然パウダーの新雪が補給されて、奥志賀スキー場は超・絶好調。 皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

こんなです・・・・・           1月15日撮影

こんなです・・・・・           1月15日撮影

 

 

松沢聖佳と滑ろう!

2013 年 1 月 10 日 木曜日

当ホテルの名物イベントのひとつ「パウダースノー・クルージング」が開催されました。今回はトップ・スキーヤー松沢聖佳とともに、まずは奥志賀~サンバレーを往復。前日降った軽~い雪のおかげで、タイトルそのままのパウダースノー・クルージング。青空の下、ご参加のみなさまはスキーの醍醐味を満喫なさったようです。終盤には、ふかふかの新雪や、コブも楽しんでいただきました。 

まずは準備運動              1月9日撮影

まずは準備運動              1月9日撮影

スタート直前

スタート直前

一の瀬ファミリーゲレンデ

一の瀬ファミリーゲレンデ

聖佳さんも楽しそう

聖佳さんも楽しそう

不整地にもチャレンジ

不整地にもチャレンジ

これぞ奥志賀!

2013 年 1 月 7 日 月曜日

新年早々、奥志賀のスキー・コンディションは絶好調です。気温-15℃の高原に雪が降って白銀のパラダイスが出現しました。奥志賀に通いなれたお客様も「この冬一番!」と太鼓判。吸いこまれそうな青空の下、純白のパウダースノーのゲレンデが輝いています。

奥志賀第3ゲレンデ       1月5日撮影

奥志賀第3ゲレンデ       1月5日撮影

標高1900mの樹氷

標高1900mの樹氷

遥かに日本アルプスを望む

遥かに日本アルプスを望む